明晰夢工房

読んだ本の備忘録や日頃思ったこと、感じたことなどなど

アニメ

アマプラで『少女終末旅行』を観ていたらすっかり絶望と仲良くなった

『少女終末旅行』は癖になる 「星空」「戦争」 発売日: 2017/10/13 メディア: Prime Video このアニメ、最初は「きれいなfallout?」と思っていた。ユーリとチトが食料をみつけたり魚を食べていたりするたびに、いかんRAD値上がるぞ、なんて考えていた。fall…

ヒジャブ姿で日本のアニソンを歌うインドネシアのユーチューバー・RainychRan

先日、ユーチューブで女王蜂の動画を観ていたら関連動画にこれが出てきた。少し舌足らずで透明感のある歌声に一瞬で心をつかまれ、気がついたらほぼすべての動画を再生していた。 日本のアニソンを歌う人は世界中にいるが、イスラム圏の人を見たのははじめて…

「小説にだけあってマンガや映画やアニメにはない魅力」を示せる人ってなかなかいないよね、という話

小説と同じメリットが漫画にもアニメにもある 小説は君のためにある (ちくまプリマー新書) 作者:藤谷 治 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/09/06 メディア: 新書 藤谷治さんの『小説は君のためにある』を読みました。 若い読者に向けて、小説の魅力を…

『魔法少女まどか☆マギカ』を今頃観て「名作を後から知るメリット」について考えた

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 出版社/メーカー: アニプレックス 発売日: 2011/04/27 メディア: Blu-ray 購入: 49人 クリック: 2,703回 この商品を含むブログ (348件) を見る アマゾンのレビューで、この作品について「放映当時、こ…

森川智之『声優 声の職人』で「帝王」がボーイズラブCDやダミーヘッドマイクについて語っていた

森川智之さんという方のことを、私はあまり詳しくは知りません。 とはいえ、岩波新書で声優を扱った本が出るとなれば気になるのも確か。 というわけで、さっそく読んでみました。 森川さんのブログが更新されています! はい、帯は写真のチョイスも含めて編…

1989年、一地方高校生が見た「オタクバッシング」の光景について語ってみる。

学級日誌に書き込まれた「オタク叩き」 「オタクは危険人物だ。このクラスにも一人、オタクと呼ぶべき人間がいる」 これが、あの宮崎勤事件が起きて間もないころ、私のクラスの学級日誌にある男子の書いた言葉です。 ここでオタクだと言われていたのは私のこ…

けものフレンズ9話感想:少しづつ増えてくる情報にますます目が離せない

スポンサーリンク // ゆきやまちほーの新フレンズはキタキツネとギンギツネ、そしてカピバラ。今回はすごく情報量が多くて、とても全部は書ききれない。カピバラといえば温泉、というわけで今回は温泉回。 サーバルはサバンナの生き物なので寒さには弱いが、…

けものフレンズ7話感想:己が何者か知りたがることがフレンズが「ヒト化」している証拠?

スポンサーリンク // 図書館の「博士」の正体はオフリカオオコノハズクとワシミミズク。 動物クイズの看板を作れるということは、フクロウには文字が読めるということですね。サーバルには読めない。 クイズに全問正解してようやくたどり着いた図書館。 知恵…

けものフレンズ6話感想:ヘラジカはかなりヤバイ生き物だったことを知った。

スポンサーリンク // このアニメは1話を視聴しただけで、2~5話は観ていません。 3月3日に一挙放送があるのでそこで復習しようと思っています。 live.nicovideo.jp ところでこの6話なのですが…… 今回はバトル回でしたが、ある意味各フレンズの特徴を活…

「真田丸ロス」に思う。

スポンサーリンク // 「真田丸ロス」というものがあると聞くけれど、本当にそういう状態に陥ってる人がいるんだろうか? ふとそんなことを思い、ツイッターで「真田丸ロス」で検索してみた。 すると、ハンドルネームが「○○@真田丸ロス」になっている人達が…

アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」に見る「Doingタイプ」と「Beingタイプ」

ameblo.jp カウンセラーの杉田隆史さんという方のブログが面白くて、最近よく読んでいる。杉田さんによると、人間のふたつのあり方として「Doing」と「Being」のタイプがあるらしい。Doingは何か目標を達成することに価値を感じるタイプで、Beingは他者と協…