明晰夢工房

主に自分語りです。

おんな城主直虎11回「さらば愛しき人よ」感想:また一人見送らなくてはならない

スポンサーリンク

 

 

瀬名を助けに来たのは家康の家臣、石川数正でした。
瀬名は一命をとりとめ、竹千代も助かりましたがこの後今川家での陰謀が動き出します。
家臣が次々と離反することに悩む氏真に向かって「事が起きる前に握り潰せ」と言う寿桂尼
この後に起きることの主犯はこの人でしょう。


そして政次と今後のことを相談する直親。
政次も直親も今川からは離れるということで意見は一致しています。
選択の余地はないので元康と接触することを決める直親。
そんな折、元康からの使者がやってきます。


松平元康から書状が届いたので、直接会いに行く直親。
しかしこの元康は今川の家臣が化けた偽物でした。
直親は直接感状をもらったことを喜びますが、これは罠でした。
結局政次は駿府に呼び出され、寿桂尼に真相を問いただされます。
嵌められたことに気付いた政次は、「私は今川家の目付です」と答えることしかできない。


今川家が軍勢を繰り出してきたため、弁明のため駿府に行くことを決意した直親。
しかし道中ではすでに今川の手の者が待ち伏せしていて……という流れ。

このような策を仕掛けてくるあたり、今川も相当焦っているということでしょう。


来週はいよいよ直親が死んでしまい、井伊直虎が誕生するということですが、結局直親の人生とは何だったのか?
直政を残したことが、井伊家で為したほぼ唯一の仕事ということになってしまいそうです。
おとわとの想い出が唯一の美しい思い出だと語った直親。
父を今川家に殺され、しばらく潜伏した後自分も今川に謀殺されてしまうこの人は何を思い死んでいったのかと思わずにはいられません。

「生きていれば好機はある」と言われても、もう生きてられないわけですからね……

直平の「もう見送るのは嫌じゃ」の一言があまりにも重い。


今週も先週に続き、直虎は瀬名と竹千代を人質にして元安の助力を仰ぐという策を思いつきますが、結局瀬名が協力してくれなかったので実行には至らず。
こうした直虎の発想力や行動力が、来週からはいよいよ生かされるということでしょうか。
しかしまあ、直親がいなくなってしまったので視聴率的には相変わらず厳しいかもしれないですね。

 

 

直虎が今後どうやって井伊家を切り盛りしていくのか?が見どころになると思われますが、女性当主であることやあまり有能そうな家臣もいないところを考えると、結局今後の井伊家の舵取りも厳しそうです。

あまり胸のすく展開などは期待できないでしょう。

今後は元康との関係も強くなっていくものと思われますが、直政が成長するまで直虎がこの困難な時期の井伊家をどう維持していくのか、しばらく見守りたいと思います。