明晰夢工房

読んだ本の備忘録や日頃思ったこと、感じたことなどなど

ブログで自分語りをしてもいいという話と、感想コンテンツの特殊性について

ブログで自分語りをしてはいけないのか問題

ついさっき、ちょっと思うところがあって、「ブログ 自分語り」でぐぐってみました。

すると案の定というか、出てくるブログに書いてあることはほぼほぼ「ブログで自分語りなんてするな」の一色でした。

いわく、芸能人でもない人の個人的な話なんて誰も興味ない、ブログは読者に価値ある情報を提供するものだからそんなこと書いたらダメ、それより読者の興味に寄り添うべき云々。

 

いや、お説はいちいちごもっとも。

たぶんこんな感じのことが書かれているんだろうなあ、と予想はしていましたが、だいたい思った通りのことが書かれていました。

自分語り、嫌われたものですね。そりゃそうです。貴方のことなんて誰も興味ないよ、と言ってるその人たちの大部分は、ブログで集客し、お金を稼ごうとしてる人達でしょう。その立場からすれば、それこそ自分語りなんてなんの役にも立たない。いやむしろ有害なんだ、って話もあります。自分語りエントリは直帰率が高い、そんなエントリはブログの評価を下げるから他のエントリの検索順位も落ちてしまうのだ、と書いてあるブログもありました。

 

なんで答えがわかりきっているのにわざわざこんな言葉で検索したかというと、ブログ界がどれだけ商業化の波に洗われているのか、ふと確認してみたくなったからです。

何年前からのことかはわかりませんが、ここ数年、「ブログで稼ぐ」的なことをする人の声は年々大きくなっていると感じています。

というより、稼げるのでもなければわざわざ長文を書くモチベーションなんて沸かない、という人が大多数なのかもしれません。

私が若いころのように、ただただ書くことが好きだから書く人ばかりだったウェブ空間は、遠い過去のものとなってしまいました。

今だって個人日記のようなものを書いてる人はたくさんいるんでしょうが、目立たないから存在に気づかないし、検索に出てくる声の大きい人はとにかく情報提供だ、読者の役に立て、と言う。当人はそうすることでブログを読んでもらっているんだから、そう主張するのは当然のことでしかない。

人間味を感じるコンテンツがほしい、が……

ただ、私みたいな古いタイプの人間は、「自分語りは無価値」とまで言われると本当にそうか?と反発したくもなるんですよね。

確かに大多数の人は、検索で出てくるブログの書き手のことなんて興味はないかもしれない。商売目的のブログなら特に。

でも、私はたとえ商売目的のブロガーでも、その人が時おり見せる人間味のようなものに興味を持ったりもするのです。

たとえば、ほぼ100%検索需要向けに書いてるんだろうな、と思えるブログに、「PVは増えたけど僕自身のファンは増えなかった」と書かれていることがあったりする。

こういうのを読むと、ちょっと安心したりするのです。ああ、この人はただSEO向けの文章を書くだけのbotではなかったんだな、と。

 

「この人も人間なんだ」と感じられるコンテンツ。そういうところに個人ブログならではの味がある、と考えるのは、もう時代には合わないんでしょうか。

おそらく私みたいに考えるのは少数派であって、そんなマイノリティしか喜ばない文章をわざわざ時間かけて書いても仕方ないだろ、と考える人が多いのかもしれません。

あなたの純文学が読みたいから書いてください、といったところで、じゃあ一生売れない作家として埋もれていろというのか、と言われればそれまでです。売れたいので異世界ものを書きます、という人を止める理由はない。自分語りをするな、が価値観の押しつけなら、自分語りだけしていろ、も価値観の押しつけだ。それはやってはいけない。

 

私は、ときどき思うことがあるのです。「読者に価値を提供しろ」というけれど、その「価値」ってなんなんですか、と。即、読んでる人の生活に役立たなければ、その文章に価値はないのか。

別に役に立たないけど、これなんか味わいがあるなあ、と感じられたり、そういうことってあるよね、と共感できる文章ってあるじゃないですか。商売のためには無用とされる「自分語り」のなかにもそういう文章は含まれていて、それは実生活のニーズとはまた別の、心理的な需要を満たしてくれる。文章は人の心の渇きを癒せるからこそ、実生活に資さない文学作品に値がつくのではないか。そこには確かな価値があるはず。

 

「いや、そんなこと言ったって、おれはそんな味わいのある文章なんて書けないんだよ」と言いたくなるかもしれません。でも、文章の価値って、案外自分自身ではわからないものです。このブログでは、これは誰も読まないんだろうなあ、と思いながら書いた雑文を、不思議と熱心に読んでくれる方もいます。といってもたまには、ですが。

でも、文章の価値は読む人の多寡で決まるわけでもありません。推しのアイドルが、私に握手しに来てくれるのはあなた一人しかいないから無価値なんだ、なんて言ってたら悲しくないですか。いや、そのアイドルはもっと売れたいんだろうけど、だからと言ってその一人の握手に価値がないことにはならないはず。

 

現実的な解決策はなにか

以上、自分語りだってしていいんですよ、という話をずっとしてきたんですが、現実的に考えるなら、稼ぐためのブログではあまりそういう話はしない方がいいんでしょうね。実用一辺倒のブログで急に作者が自分自身を出すのを嫌がる読者もいるようだし。

そんなの嫌がる方がおかしいだろう、ブロガーだって人間なんだから、と私は思うけれど、自分は出しやすところで出す方がいいのも事実。結論としては、言いたいことだけ言うブログを別に作ればいい、というあたりに落ち着くと思います。最初から自分語りしかしないブログなら文句を言われる筋合いもない。ポエムとビジネスは分ける。

 

とはいうものの、何事にも例外はあるもので、実はあるコンテンツに限っては、むしろ積極的に自分を出していった方がいいんじゃないか、とも感じています。それが感想コンテンツです。

 

感想コンテンツは積極的に感情を出した方が面白い

何かの感想、とくに映画や小説・ゲームなどのフィクションの感想の場合、自分自身の感情を前面に出した方がおもしろくなる、と私は感じています。小説を読む人は、ほんとうは小説を読みたいわけではありません。小説を読むことで、心を揺さぶってほしいわけです。この作品を読んだらどんな感情体験が味わえるのか、どんな気持ちにさせられるのか、それこそが読者の知りたい情報です。

だから、フィクションの感想は、味わった自分の心の内を積極的に語っていいし、むしろ語った方が価値の高い文章になるわけです。公式サイトのあらすじとキャラ紹介をリライトしただけの映画レビューなんて、大した価値もありません。それこそ公式サイトを見ればいいだろという話です。

そんなことより、この自分がその作品に、どんな感情にさせられたか、どれくらい心を揺さぶられたか、それを文章化することの方がはるかに大事です。それこそが読者の知りたいことだし、同じ作品を鑑賞しても得られる感情はみな違うのだから、自分の感情を書けばそこにオリジナリティも生まれます。

 

saavedra.hatenablog.com

感想コンテンツの場合、いつもなら要らないといわれる書き手の情報も大事なものになります。たとえば上記のエントリでは、私がSF読みとしてはかなり浅いレベルだと書いていますが、これはそういう人でもテッド・チャンは読めますよ、と言いたいがために書いているのです。

テッド・チャンの『息吹』が気になってる人は多いでしょうが、なかには「ふだんSFを読まなくても読めるだろうか」と思っている人もいるはず。そういう人には、自分の情報を開示することにむしろ意味があります。自分自身を語りつつ、それで読者の役にも立てるという意味では、感想コンテンツはけっこう特殊なのかもしれません。

 

自分語りをしてもいいじゃないか、と言いつつ、このブログでは(今は)ほとんどそういうことはしていません。これは、書評を書くことが自分自身について語ることにもなっているからだと思います。本を読めば何かしら言いたいことは生まれるし、それを言語化すればエントリとしては成り立ちます。自分自身を偽ることなく文章を綴れば誰かの役に立つこともあるし、本が売れたりすることもあるから、私は本の感想を書き続けていられるのかもしれません。